SAM 自己組織化単分子膜 SAM 自己組織化単分子膜
各ページの構成、見方について ジスルフィド チオホスホネート
チオールQ&A アセチル保護チオール ビルディングブロック
バイオスペシフィックチオール NPsアセンブリー用ジチオール カップリング試薬
機能化チオール クラウンエーテルチオール カリックスアレン
電気化学活性チオール フッ化チオール / シラン MOFs
蛍光チオール / ジスルフィド シランカップリングに関して 機能性酸化グラフェン
光応答性チオール シランカップリング剤 酸化鉄表面修飾用リガンド

赤字はインストラクションです。
*納期は通常、御発注から約1か月で納品となります。合成と輸入に要する時間で前後いたしますが何卒ご了承ください。
   販売価格には輸入諸掛等すべて含まれており、宅急便で納品させていただきます。
*MOF-5は室温で保存願います(他のチオール試薬のように冷凍保存は必要ありませんのでご注意ください)。
MOF metal organic framework 多孔性材料 ポーラス

固体の構造内部に細孔を持つ構造体は多孔性(ポーラス)化合物、多孔性材料などと言われています。このような多孔性材料の中で、金属有機構造体MOF(Metal Organic Frameworks)は金属イオンと有機物の配位結合を利用して多孔性構造を形成するもので、近年注目を集めるようになってきました。
MOF-5 (Zn4O(C8H4O4)3)はterephthalic acid C6H4(COOH)2 リンカーと octahedral carboxylato Zn4O(CO2)6ジョイント(2次ビルディングユニット)で構成された結晶構造です。

アプリケーション例
1. ガスの貯蔵や分離、水素ガス、窒素ガス (1), (2)
2. 触媒 (4), (6)
3. マテリアルサイエンス研究材料 (3), (5)

文献
1. Eddaoudi M, Kim J, Rosi N, Vodak D, Wachter J, O'Keeffe M, Yaghi OM; Science 2002, 295(5554), 469-72.
2. Kaye S, Daily A, Yaghi O, Long J; J. Am. Chem. Soc. 2007, 129 (46), 14176-14177.
3. Han S, Wei Y, Valente C, Lagzi I, Gassensmith JJ, Coskun A, Stoddart JF, Grzybowski BA; J. Am. Chem. Soc. 2010, 132 (46), 16358-61.
4. Wang L, Xiao B, Wang B, Wu J; J. Sci. China Chem. 2011, 54 (9), 1468-1473.
5. Choi K, Jeon H, Kang J, Yaghi O; J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 11920-11923.
6. Park T, Hickman A, Koh K, Martin S, Wong-Foy A, Sanford M, Matzger, A; J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 20138-20141.
7. Nayuk R, Zacher D, Schweins R, Wiktor C, Fischer R, van Tendeloo G, Huber K; J. Phys. Chem. C 2012, 116, 6127-6123.


MOF metal organic framework 多孔性材料 ポーラス
製品 コード番号 容量 価格(¥)
Zn4O(C8H4O4)3 MF 001-0.05 50mg 30,000
MW=770.12 MF 001-0.25 250mg 49,000
MF 001-1 1g 86,000
MOF metal organic framework 多孔性材料 ポーラス

MOF-5


性状:無色の立方体、又は正方結晶 (溶媒:DMF, N,N-ジメチルホルムアミド)

MOFクリスタルサイズ:1 x 1 x 1 mm3〜 3 x 3 x 2 mm

細孔サイズ:0.8nm

最大表面積 :4400 m2/g Langmuir surface area

容量: 200mgクリスタル / 1バイアル瓶(DMF溶媒2ml中)




















トップへ戻る
Home SAM(自己組織化単分子膜)形成試薬 ナノ粒子ブティック